[特集記事]CD・DVDなどキズで読み込めなくなったディスクを修復しよう!! ランドポート編

うっかり擦って・落としたりなどして読み込めなくなったり、音飛びするようになったCD、DVDディスクのディスクは人によってはあるかと思います。

今回使うもの

ディスク研磨

  • ランドポート社 スキップドクター(今回は手動式を使っています。)
  • キズの付いたディスク(記録面にキズがあるディスク限定)

キズの付いたディスクを確認します。

ディスク研磨

最近ではブルーレイディスクなどが多く流通していますが、ブルーレイディスクは記録面の層が薄い為、研磨クリーニングは出来ません。(削ってしまうとデータ記録面まで達してしまいます。)
画像で使用しているディスクは一見キレイに見えますが、傷だらけです。(笑)

研磨前

ディスク研磨

分かりやすいよう、PS1のゲームで試してみました。

専用の液を吹付け、研磨。

ディスクの読み取り不良はキズによる凹凸ではレーザーが乱反射することで、読み込みが正常に出来なくなる状態ですが、研磨は、その上から一定量を削ることによって、凹凸を減らし、レーザーの乱反射を改善するものですので、新品購入時のように綺麗な状態まで修復するわけではありません。

写真を撮っていなかった為、画像がありません。

研磨後

ディスク研磨

いかがだったでしょうか?100%修復できるわけではありませんので、その点だけご注意下さい。

※読み込みに支障が無いもので、修復(研磨)をすると読み込めなくなることがあるので、キズが酷いディスクをダメ元で!!という感じでお試し下さい。

近所で研磨クリーニングサービスを行っているショップがあれば、そちらに持ち込むのも方法の一つです。